Android 11でWiFiが繋がらない、途切れる、不安定な原因は「ランダムMACアドレス」かも

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OSアップデートに不具合はつきもの、とはよく言いますが、最新Android OS、Android 11でもいくつかのバグや不具合報告が上がっています。

中でも最近よく見かけるのがWiFi周りの不具合でAndroid 11にアップデートをしたら

  • WiFiが繋がらない
  • WiFi接続が頻繁に切れる
  • WiFiが切れると自動で再接続されない
  • 通信が「パケ詰まり」のような状態になる

といった症状。

過去のAndroid OSアップデートと比較して極端に多い、というわけではなさそうですが、それでも最も一般的なトラブルの一つと言えそう。

また、機種もXperiaやGalaxy、AQUOSといったメジャー機種から、Pixelなどまで広範囲といった印象を受けます。

ただ、このAndroid 11でWiFi周りの不具合が発生している場合、その多くが「MACアドレス」の設定に関連していることが分かりました。

Android 11のWiFiトラブル原因は「ランダムMACアドレス」

具体的には、Android 11ではWiFiのセキュリティー設定の一つ、「MACアドレス」が「ランダムMACを使用」になっていることが原因、というもの。

(「ランダムMACを使用」はAndroid 10以降、デフォルト設定になっているはずです)

例えば、ルーター側に特定のMACアドレスからの接続しか許可しないフィルター設定がされており、これが原因でランダムに変化するMACアドレスが遮断される、というケース。

また、Android 10で端末側のMACアドレス設定をディバイスのMACアドレスにしていても、Android 11アップデートでこれがデフォルトであるランダムMACアドレスに変更されてしまう、というケースもある模様。

また、端末側、ルーター側の設定自体には何も問題がなくても、ランダムMACアドレスに設定をしているとなぜかWiFiが頻繁に途切れる、不安定、切断後に自動で再接続しない、という症状もあるようです。

こういった場合はとりあえず固定MACアドレス(ディバイスのMACアドレス)にして様子を見てみることをお勧めします。

Android 11でMACアドレスを固定(ディバイスのMACアドレス)に変更する方法:

  • [設定]メニューをタップします。
  • [ネットワークとインターネット]をタップします。
  • [Wi-Fi]をタップします。
  • 接続中、もしくは接続したいWiFiネットワークをタップします。
  • [詳細設定]をタップします。
  • [MACアドレス]をタップし、[デバイスのMACを使用]を選択します。

ただ、ランダムMACアドレスは元々セキュリティー強化のための機能なので、これを固定することはランダムMACアドレスに比べてセキュリティーが落ちる、とうことになります。

よって、この点についてはセキュリティーと利便性の両面でそれぞれ自己責任で判断をお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Androidスマホ全般Xperia
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました