Xperia 5 IVのスペックがリーク、メモリ増量でワイヤレス充電対応か

ソニーの最新フラッグシップと言えばXperia 1 IV。
一方で、その小型版モデルで、今年後半のリリースがほぼ確実となっているXperia 5 IVが気になり始めている方も多いという印象です。

そんな中、Weibo上にこのXperia 5 IVのスペック情報がリークされていました。

まず、今回の情報によると、Xperia 5 IVは「生産開始間近」とのこと。
少し前に同モデルと思われる機種の型番の一つが「テスト中」という情報がありましたが、時期的には結構早めという印象です。

そしてそのXperia 5 IVのスペックは:

6.1インチ
Snapdragon 8 Gen1
8 / 12GB
128 / 256GB

リアカメラ
12MP 1 / 1.7 24mm
12MP 1 / 2.5 16mm
12MP 1 / 3.5 85-125mm

前面カメラ
12MP 1 / 2.9

5,000mAh
Qiワイヤレス充電
Android 13?

12GB RAM、ワイヤレス充電、Android 13搭載?

基本的には過去の「1」と「5」シリーズ同様に、Xperia 1 IVをそのまま小型化しただけ、といった感じのスペックです。

ただ、前モデルまでと大きく異なるのは今回のXperia 5 IVでは12GB RAMを搭載したバージョンが存在する可能性がある、という点。
一方、ストレージも128GB/256GBと2バージョンが用意される模様ですが、これはXperia 5 IIIでも同様でした。

さらに興味深いのは充電周りで、なんとXperia 5シリーズとしては初となるワイヤレス充電に対応する、とのこと。

また、「?」が付いているので確かな情報ではなさそうですが、搭載OSについてはAndroid 13となる可能性がある模様です。

そういえば、このXperia 5 IVのリリース時期については先日、年末商戦頃になる可能性がある、という情報がありました。
例年通りの10月前後のリリースでリリース直後のAndroid 13を搭載、というは難しいような気がしますが、12月頃の発売であれば可能性は十分にあるような気はします。

ただ、過去のパターンからすると、おそらく国内キャリアが秋冬新作として展開することになると思われるXperia 5 IVは8GB/128GBとなる可能性が高そうです。

なお、この人物からのリーク情報は完全に外れることもあれば、かなり具体的・詳細な情報を正確に伝えることもあるので、鵜呑みにはできませんが無視もできないといった感じです。

ソース:Weibo

Androidスマホ全般
スマホダイジェスト

コメント

OCNモバイルONE
タイトルとURLをコピーしました