新型Xperia 1 IVのカメラ、「モジュール」はソニー製ではなくすべてサムスンなど他社製

ドコモ、au、ソフトバンクの国内3キャリアから一斉発売された新型Xperia、Xperia 1 IV。

この最新フラッグシップモデルについては先日、カメラセンサーがオール・ソニー製であることが判明した、という件についてお伝えしました。

この情報自体は間違いないのですが、今回、このXperia 1 IVのカメラ「モジュール」に関連する少し気になる情報がでてきました。

以下はEsato上のユーザーが投稿していたもの:

The sensors are all Sony but the camera module not actually made by Sony, its 1x LG Innotek + 2x Samsung Electro-Mechanics + 2x Sunny

(Xperia 1 IVに搭載の)カメラセンサーはすべてソニーだが、カメラモジュールは実際にはソニー製ではなく、1x LG Innotek + 2x Samsung Electro-Mechanics + 2x Sunnyである。

フロントカメラやToFセンサーを含めると、Xperia 1 IVには5つのカメラモジュールが搭載されていますが、今回の情報によるとこのうちの1つはLGイノテク(韓国)、2つはサムスン電機(韓国)、そして残りの2つはサニー・ジャパン(日本)が製造している、ということに。

つまり、カメラモジュール自体は一つもソニー製のものはない、ということになります。

「カメラモジュール」という言葉に明確な定義はないようですが、一般的には:

カメラモジュールは、レンズ部、撮像センサー、センサーの出力データ処理部、及びカメラシステムからなります」

カメラ事業奮戦記より

つまり一口に「カメラ」といっても、その全体を様々な部品で構成されており、カメラセンサーはその一部でしかありません。

むしろ「カメラモジュール」こそが「カメラ」とも言えるので、Xperia 1 IVはセンサーはすべてソニー製採用しているもののカメラそのものはすべて非ソニー製とも言えます。

ちなみにXperia 1 IIIおよびその他の過去のXperiaフラッグシップのカメラ「モジュール」がどうだったのか、という点については言及がないので、これが今回のXperia 1 IVで新たに採用したカメラ周りの仕様なのか、以前から一部でサムスン製カメラモジュールが使用されていたのかは不明です。

また、カメラモジュールがソニー製ではないからとって、ソニー製よりも品質が劣るという確実な情報はどこにもありません。

ひょっとして以前よりXperiaに搭載のカメラ「モジュール」はすべて他社製だった、なんてこともあるのでしょうか?

ソース:Esato

コメント