センサー大型化の前兆?次期Xperiaはカメラ位置を中央に戻す可能性

ソニーの最新モデル、といえばXperia 1 IVが話題の中心。
そして次期フラッグシップと言えば、おそらく秋にリリースされるであろうXperia 5 IV。

しかし今回、次世代Xperia、おそらくXperia 1 Vのデザインに関すると思われる少し興味深いリーク情報がWeibo上で発見されました。

ソニーは現在、次期Xperiaフラッグシップでカメラの位置を中央に戻すことを検討している。(少なくともプロトタイプが存在する)そしてその理由はセンサーの大型化です。

ご存知のように、Xperia 1シリーズのカメラは初代Xperia 1のみが端末中央に配置されていましたが、その後のモデルはすべて裏面から見て左上部に搭載。

カメラを中央に配置した初代Xperia 1

しかし、このカメラの位置がまた中央に戻される可能性がある、とのこと。

また、そのカメラを中央に戻す理由がセンサーの大型化、というのも興味深いところです。

最近のXperiaは一昔前のモデルとは異なり、基本的に背面パネルはフラット。
よって、厚みの問題であれば中央でも端っこのほうでも変わりはないようにも思えます。

ただ、そういえば、ソニーが昨年秋に発表、冬にリリースし、「スマホ機能付きカメラ」とも言われたXperia Pro-Iも背面カメラは端末左上ではなく、上部中央に搭載。

1インチタイプの大型センサーを搭載したXperia Pro-I

同モデルには1インチ「タイプ」の大型センサーが搭載されており、ひょっとするとこれもスペース的な理由だったのかもしれませんね。

ちなみに今回の情報は「次期Xperia」とありますが、Xperia 5 IVでカメラセンサーが大型化するとは考えにくいので、おそらく次世代ではないかと思われます。

よって、もしこのカメラ位置の「再移動」があるとしても、おそらくそれは来年の次世代モデル、Xperia 1 V以降の話になると思われます。

ソース:Weibo

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェスト

コメント

IIJmio(みおふぉん)
タイトルとURLをコピーしました