ソニーの新型コンパクトXperia Ace 3は4Gモデルに、Helioチップを搭載でSD480モデルより格下に

先日有名リーカーがリークした3つの未発表新型Xperia、Xperia 1 IV、Xperia 5 IV、そしてXperia ACE 3。

いずれも機種名はまだ「仮」ですが、サイズや外観からしてそれぞれXperia 1 III、5 III、Ace 2の後継モデルとなることは間違いなさそうです。

そして今回、この3モデルのうちのコンパクトモデル、仮称「Xperia Ace 3」の搭載チップに関する興味深い情報がでてきました。

Xperia Ace 3はMediatek製Helioチップ搭載、4Gモデル確定

少し前の情報ですが、以前、FCC認証を通過したPY7-15465AというFCC IDのモデルはMediatek製のHelioチップを搭載した機種になる、との情報を提供していました。

この投稿者のこの手の情報は正確だと思われます。

Mediatekのチップセットには2つのブランドが存在。
HelioシリーズとDimensityシリーズに分かれており、前者は5G非対応、つまり4Gモデル向けのチップセットで後者のチップセットはすべて5G対応となっています。
そのため必然的にHelioチップはエントリー/ローワーミッドレンジ向け、Dimensityはミッドレンジ~ハイエンドモデル向けに搭載されています。

Xperia 1 IVやXperia 10 IVがHelioチップ搭載となる可能性は現実的に考えてゼロ。
よって、このPY7-15465AはXperia Ace 3のもの、そして5G非対応の4Gモデルということになります。

そして同モデルがHelioチップを搭載する、という時点でスペック的にはミッドレンジ以下となることがほぼ確定、ということに。

ちなみに初代Xperia AceはSnapdragon 630搭載の平均的なミッドレンジでしたが、昨年のXperia Ace IIはHelio P35搭載で性能的にも2年前の機種を下回るというダウングレードでエントリーモデルになりました。

SD480搭載のAQUOS wishやarrows Weよりも格下モデル

なお、このESATO上の投稿者はあくまで「適当な推測」としながらも、搭載されるチップセットはHelio P65になる可能性を示唆しています。

ちなみにHelio P65の性能ですが、Geekbenchでのマルチコアスコアは1200~1300ポイントといったところで、性能的にはSnapdragon 480などよりかなり低くなっています。

一方、仮にこのAce 3がHelioチップでは最高性能のHelio P90を搭載するとしてもそのベンチマークスコアは1500前後。

となると、いずれにしてもこのXperia Ace 3はAQUOS wishやarrows Weといったモデルよりも格下か良くて同程度のモデル、ということになりそうです。

Xperia Ace 3はドコモ以外からもリリースの可能性大

PY7-15465Aとハード的に同一とされるモデルはFCCで少なくとも3~4モデル通過しており、この点からするとこのXperia Ace 3は前モデルのようにドコモ専売ではなく、複数のキャリア、MVNOから展開される可能性が高そうです。

ソース:ESATO

おすすめのXperia関連記事:

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェスト

コメント

  1. 荒ぶる仔猫 より:

    >Helioチップでは最高性能のHelio P90
    GシリーズってHelioじゃにゃいの?

  2. コメント より:

    今回も終わってる感じ
    クソニーは何がやりたいのだろうか
    彼のフリーテルを彷彿とさせる

タイトルとURLをコピーしました