もはやミッドレンジも売れない時代、LCDがシェア奪還、2021年に世界で最も売れたAndroidスマホは?

米国のリサーチ会社、Counterpointが2021年の売上トップシェア・ベスト10を発表していました。

ご覧のように10のうち7つをiPhoneが占める、という結果になっており、これはまあ皆さんの予想通りではないでしょうか。

一方、Androidスマートフォンでランクインしているのは3機種のみで、その中でのシェアトップはGaalxy A12となっています。

Galaxy A12は昨年サムスンがリリースしたエントリーモデルの一つで、日本でも展開されたGalaxy A22の一つ下のランクのモデル。
価格は日本円で1.5万円前後といったところでしょうか。

Galaxy A12はその下にもう1モデル、Galaxy A02が存在するので「最廉価版」ではありませんが、スペック的には完全にエントリーモデルの中でも下の方といった感じです。

確か一昨年くらいまでは世界で最も売れているスマートフォンはGalaxy A5Xシリーズと言いわれていたので、世界的に見てもここ数年で売れ筋機種の価格帯はさらに下がり、ミッドレンジモデルすらも売れなくなってきている、という感じでしょうか。

ちなみに今回、Galaxy A12がかろうじてAndroidスマートフォンで1位を獲得していますが、2位のRedemi 9Aとの差はわずか0.1%。

しかも、シャオミは10位のRedmi 9もランクインしているので、これを合わせると10位以内でのシェアはXiaomi製スマホの方が高い、ということに。

この感じだと、今年2022年にはAndroid No.1の座もXiaomiの廉価モデルに奪われそうですね。

OLED vs LCDの比率にも変化

また、最近韓国メディア、THE ELECが伝えたところによると、2021年のGalaxyスマートフォンの中でOLEDディスプレイ搭載モデルの比率は50%と2018年の67%から大きく減少。
一方で、LCD搭載モデルの比率は2018年の33%から50%に増加したとのこと。

少し前まではミッドレンジでも大部分がOLEDを搭載してきたこともあり、スマートフォンでのOLED搭載モデルの比率は上がっていたはずです。
が、いつの間にかLCDが盛り返し、シェアを半分くらいまで押し戻すという現象が起きている、ということに。

確かに先のシェアトップ10でランクインしているAndroidモデルもすべてLCD搭載モデル。
つまり、売れ筋モデルがローエンド化していることがLCDシェア再拡大の背景にあることは間違いなさそうです。

ソース:CounterpointTHE ELEC

コメント

タイトルとURLをコピーしました