Galaxy S22シリーズは強度に難あり?米大手保険会社のテストで前モデルから低下との結果

海外での認証通過情報からドコモおよびauが少なくともGalaxy S22およびGalaxy S22 Ultraを取り扱うことは確認されており、春夏モデルとしてリリースされることは確実と言われています。

そんなGalaxy S22シリーズですが、今回、ちょっと興味深い端末の強度に関する情報がみつかりました。

これはAllstateという個人向け保険では最大手の保険会社が行ったテストをYoutube上で公開していたもの。

テストはGalaxy S22、S22+、S22 Ultraをそれぞれ画面を下にして落下、背面を下にして1.8メートルの高さから落下させる、というもの。

以下はGalaxy S22で画面を下に落下させたもの。

Galaxy S22+ (画面を下にして落下)↓

Galaxy S22 Ultra (画面を下にして落下)↓

前モデル、見事にディスプレイは破損していますが、画面を下にした落下ではGalaxy S22+のダメージが一番小さい、という印象。

一方、以下は背面から落とした際のダメージ。

Galaxy S22↓

ガラスは完全に破損していますが、カメラは無事とのこと。

Galaxy S22+ ↓

Galaxy S22 Ultra ↓

そして以下がまとめ:

Galaxy S22シリーズは全体として全モデルよりもデザインはアップグレードされているものの強度はダウングレードされている、としています。

この手の強度テストはYoutubeでもいくつか有名どころがありますが、今回のテストを行っているのが米国屈指の大手保険会社というのは興味深いところ。

最近日本でも増えてきているようですが、同社はスマートフォンの保険サービスも展開しており、一種の「宣伝」という意味合いもありそうですが、ある程度は参考になりそうです。

ちなみに強度が低いと保険料も高くなるのでしょうかね。

ソース、画像:Youtube

Galaxy
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント