Galaxy S22シリーズはスナドラ版の性能を意図的に下げてる?ベンチマーク性能でExynos版以下

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2月8日のUnpackイベントで正式発表されるGalaxy S22シリーズ。

先日、地域別のSnapdragon 8 Gen1およびExynos 2200搭載の振り分けがリークされ、おそらくドコモとauが取り扱うことになるであろう国内版に関してはSnapdragon 8 Gen1搭載となることが確実となりました。

一方、Exynos 2200とSNapdragon 8 Gen1の性能比較についてはこれまで同様にスナドラが優秀、と言われており、特に今年はその差が広がるのでは?とすら予想されていました。

しかし今回、少なくともGalaxy S22シリーズに搭載のSnapdragon 8 Gen1に関してはExynos 2200よりも性能が劣る可能性がでてきました。

異常に低いSnapdragon 8 Gen1搭載版のベンチマークスコア

以下はこれまでに見つかっているExynos 2200搭載のGalaxy S22シリーズのGeekbenchにおけるベンチマークスコア。

Exynos 2200搭載版Galaxy S22シリーズの場合、シングルコアで1000ポイント前後、マルチコアで3500ポイント弱が平均スコアとなっています。

一方、以下はSnapdragon 8 Gen1を搭載したGalaxy S22シリーズのスコア。

ぱっと見でまずスコアのばらつきが大きく、シングルコアでは高いものでは1200ポイント台ですが、平均では1000ポイント以下といった感じ。

マルチコアでは最も高いスコアでも3400ポイント台で2000ポイント台も目立ちます。
これ、平均ではおそらく3000ポイントに届いていないと思われます。

つまり、Galaxy S22シリーズで比べるとスナドラ版はExynos版と比べると1割以上もベンチマーク性能に差が出ている、ということに。

GPU性能ではさらに大きな差、Exynos版が圧勝

さらにExynos版とSnapdragon版の性能差はGPU性能を測るGeekbench 5 Computeだとさらに拡大。

Exynos版↓

Snapdragon版↓

グラフィック性能においてはさらに性能差が開いており、ベンチマーク上の性能とは言え、これだけ違う体感でも性能差を感じそうです。

でも何かがおかしい!まさか…

普通ならばこれで「今回はSnapdragon 8 Gen1よりもExynos 2200が優秀」という結論なのかもしれませんが、普段、チップ別のベンチマーク性能を把握している方ならば「何かおかしいぞ」と感じると思います。

というのも、Snapdragon 8 Gen1搭載の他モデルを見てみると:

Xiaomi 12 Proのベンチマークスコア↓

Moto Edge X30のベンチマークスコア↓

平均ではマルチコアのスコアが3500といったところですが、3700ポイント台を出しているケースも多々見られ、明らかにSnapdragon搭載のGalaxy S22よりもスコアが高くなっています

過去のSD800番台搭載のGalaxy Sシリーズでも他の同一チップ搭載モデルと比べてスコアが低め、という傾向はありましたが、同世代でExynos版よりも性能が劣る、ということはほぼ皆無でした。

よって、今回のスナドラ版Galaxy S22シリーズのスコアが異常に低い、という現象は非常不可解。
ひょっとしてサムスンがSnapdragon 8 Gen1搭載版に関して意図的に性能を落としている、などという可能性もあるのでしょうか。

それにしてもExynos 2200は予想外の健闘

一方、今回のスナドラ版Galaxy S22シリーズのベンチマーク性能が低いという件は置いておいても、Exynos版のベンチマークスコアは他のSD8 Gen1搭載モデルと対等に張り合っている、という印象。

これについてはExynos版が展開される地域のユーザーにとってはかなり良いニュースと言えるのではないでしょうか。

ソース:Geekbench

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Galaxy
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました