次世代 Pixel Foldのカメラ構成が判明、Pixel 6シリーズからはダウングレード

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以前よりGoogleが開発中であることが報じられているGoogleの折り畳み式Pixel、仮称「Pixel Fold」。

これまでの情報から総合的に判断すると、早ければ来年初めごろ、遅くとも同年中にリリースされることは間違いなさそうです。

そして今回、このフォルダブルモデルのカメラ周りについて9To5Googleが新たな情報を伝えていました。

カメラはPixel 6より格下、Pixel 5並み

今回、同サイトがAPKから発見した情報によると、この未発表Pixelフォルダブルに搭載されるカメラはは:

リアカメラ
・メインカメラ:12.2MP IMX363
・超広角:12MP IMX386

そして、セルフィ―用カメラとしては外側(セカンダリー)ディスプレイおよび内側(メイン)ディスプレイにIMX355が搭載されるとのこと。

IMX363はPixelシリーズがPixel 3から3世代に渡って採用してきたメインカメラセンサーでPixel 5やPixel 5aもこのセンサーを搭載。

一方、最新のPixle 6/6 Proのセンサーはサムスンの50MPセンサー「GN1」を搭載しているので、この新型フォルダブルのカメラスはPixel 6シリーズからダウングレードした仕様になる、ということに。

さらに同サイトによると当初、コードネーム「Passport」として開発されていたこのフォルダブルですが、今回これが「Pipit」に変更されていることが確認されたとのこと。

こういったコード名の変更は過去にもあったようですが、その理由については不明。

ただ今回のカメラスペック情報からすると、このPixel Foldの1号機はひょっとすると全体のスペックを落としたミッドレンジスペックのモデル、という可能性もありそうです。

ソース: 9TO5Google

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Pixel
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました