Xperia 1 V/5 Vに「重要」アプデ、カメラ性能向上やリフレッシュレート不具合を修正

一部の国・地域のXperia 1 VおよびXperia 5 Vに対して配信が開始された最新のソフトウェアアップデートで、いくつかの重要な機能改善や不具合修正が行われたようです。

本日、中国など海外の一部で配信が開始された3月分のセキュリティパッチを含むアップデートで、有名リーカーのZackbucks氏によると、以下のような更新内容とのこと:

  1. ゲームエンハンサーのパフォーマンス向上
  2. Alipay指紋決済のパフォーマンス向上
  3. カメラのパフォーマンス向上
  4. 画面のリフレッシュ レートに関連する不具合改善

ゲームエンハンサーのパフォーマンス向上ですが、同アプリではAndroid 14アップデート後に起動しない・落ちるといった問題が報告されていました。
ひょっとするとこれと関係しているのかもしれません。

カメラのパフォーマンス向上については具体的にどういった内容なのかは不明。

一方、画面のリフレッシュレートに関してはXperia 1 V/5 Vで以前より特に負荷もなく、発熱などもしていないのにもかかわらずリフレッシュレートがランダムに低下する、という問題が多く見られました。

また、これと関係してか、スクロールが異常にカクつくといった不具合報告も複数みられました。

このリフレッシュレート関係の一連のトラブルはXperia 1 V/5Vで最も多く発生しているという印象なので、これが改善されるというのはかなり大きな意味があるのではないかと思われます。

なお、この3月分のセキュリティパッチは一部の欧州版のXperia V世代だけでなく、IV世代にも提供が開始されている模様ですが、おそらく基本的な内容は同様。

ここまで重要な機能向上や不具合改善が含まれるアップデートは結構珍しいので、OSアップデート以外では比較的重要なアップデートと言えそうです。

Xperia不具合・バグ
スマホダイジェストをフォローする

コメント