Xperia 1 VI (マーク6)のカメラはハードよりもソフトが進化「BASICモード」刷新か

ソニーの次世代プレミアムフラッグシップモデル、仮称「Xperia 1 VI (マーク6)」。

同モデルに搭載されるカメラ性能の進化に関して興味深い情報がWeibo上で見つかりました。

新型モデルについて、カメラのハードウェアばかりが注目されていますが、もっとも次世代モデルで最も重要なのはソフトウェア、特に”BASIC”モードの進化です。これは一般ユーザーにとって大きな意味を持ちます。

最後にある#xperia#のハッシュタグ、そして「BASIC」モードという部分からして、これが2024年の新型Xperia、具体的には仮称Xperia 1 VIやXperia 5 VIを指していることは間違いなさそうです。

そういえば、Xperia 1 VIのカメラ仕様については以前、3つのカメラがすべて48MPのExmor-Tセンサー搭載となるという情報もありましたが、最新のリークでは同モデルのカメラが「期待されているほどのスペックにはならない」といった情報も。

よって、現時点では次世代Xperiaフラッグシップのハード面でのカメラ進化はまだ不確実です。

一方、BASICモードはXperia 1 IIIで通常のカメラアプリが廃止された際、「Photography Pro」アプリに「新機能」として搭載されたいわば「オートモード」。

それまで「カメラ」アプリを使っていた多くの一般ユーザーの大半は現在もこの「BASIC」モードを使っているため、同モードの進化は一般ユーザーによるカメラ評価に直結すると思われます。

よって、もしこのBASICモードでの撮影における画質が大きく向上すれば、2024年のXperiaのカメラ評価自体が大きく向上する可能性もありそうです。

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェストをフォローする

コメント