Xperia ACE IIIの2度目のOSアプデ、Andorid 14がまもなく提供

ソニーモバイルの2022年モデル、Xperia ACE III。

昨年後継モデルのリリースがなかったので、同シリーズとしては一応「最新」ですが、すでに2年落ちの旧型エントリーモデルです。

そして今回、このXperia ACE III向けのAndroid 14アップデートがまもなく提供されることが判明しました。

Bluetooth SIGの認証の「再通過」情報から明らかになったもので、ドコモ版SO-53C、au/UQ版SOG08、そしてY!mobile版A203SOが掲載されています。

「Android 14」という記載はありませんが、Software Version Numberがヒントで、これが「A」だとデフォルトバージョン(Android 12)、「B」は1回目のアップデート後のバージョン(Android 13)、そして「C」は2回目の「Android 14」ということになります。

Xperia ACE IIIがAndroid 14アップデート対象となることはドコモの発表などですでに判明していたことですが、今回のBluetooth認証通過状況からすると、この2年落ち近いエントリーモデルにも意外と早く提供が開始されそうです。

なお、Xperia ACEシリーズに2回のOSバージョンアップが提供されるのは今回のXperia ACE IIIが初めてということになります。

また、少し前にソフトバンク版のXperia IV世代モデル(Xperia ACE IIIも)に関しては2回目のOSアップデート、Android 14が提供されるかは不明、とお伝えしました。

しかし今回Y!mobile版のエントリーモデルに提供が確定したことで、ソフトバンクのXperia IV世代モデルにもAndroid 14アップデートが提供されることは確実になったと言ってよいと思います。

Android 14Xperia
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント