次期モデルのXperia 1 VIは前面カメラが「消える」?「デザイン変更の時」とのリーク

ソニーモバイル2024年ラインナップ。

今年のラインナップが1 V、5 V、10 Vの3機種のみと少し寂しかったこともあり、次世代シリーズに寄せる期待がいつもより大きいような気もします。

そんな中、有名リーカーがこの次世代Xperiaに関した新たな意味深発言をしていました。

2024年の次世代Xperiaはデザイン変更の時

まず一つ目が以下の投稿:


Xperia Zシリーズ、XZシリーズ、1シリーズのそれぞれの機種名とその期間を示しており、最後に「デザイン変更の時期だ」ともコメント。

同氏は前日にも次世代Xperiaでネーミングルールとデザイン変更の可能性を示唆していますが、今回改めて次世代モデルでのデザインコンセプト変更に言及しています。

ちなみにこう見ると、Z、XZ(Xシリーズも含む)は基本半年置きに新世代モデルを出していたので、機種数自体は多いですが、シリーズ継続の期間はそれぞれ3年間。
一方、Xperia 1シリーズは今年で5年目ということで、シリーズの存続期間という点ではすでに最長なのですね。

そういった視点で見ると、確かにXperia 1シリーズ(5、10シリーズもですが)はそれそろ「終わり」が近づいているのかもしれません。

前面カメラは画面下、あるいはマイクロマトリックスに?

そしてさらに興味深いのは同氏からの二つ目の投稿:

この画像について、あくまでネット民が作成した非公式なものだとしながらも「スクリーンの四隅が丸まり過ぎているという点以外はあり得ないデザインではない」という意味深な発言も。

さらにこの画像を見る限り、この端末には前面カメラらしきものが見当たりませんがこれについても:

画面下の前面カメラ搭載にまで言及。

以前から噂のあるソニーの極小前面カメラ「Micro Matrix」

よって、もしこれが実際の仮称「Xperia 1 VI」に近いデザインだとすると、同モデルの前面カメラは画面下に搭載、あるいはベゼル上に複数の極小カメラを搭載する「Micro Matrix」タイプがいよいよ採用、という可能性もありそうです。

ソース

XperiaXperia 1 VI
スマホダイジェストをフォローする

コメント