OPPOとソニーが新世代のLYTIAセンサーで協業、Xperia 1 V同様の2層トランジスタ画素技術採用

ソニーのモバイル機器向けのイメージセンサー新ブランド「LYTIA」。

このLYTIAブランドを冠したカメラセンサーを最初に搭載してリリースされるのはOppo製スマートフォンとなりそうです。

ソニーがWeibo上のLYTIA公式アカウントから投稿したものを、Oppo公式アカウントが引用してたもので、全体の内容としては二層トランジスタ画素技術を搭載したソニーのLYTIAイメージセンサーとOPPO Superluminovaイメージエンジンを統合したカメラを搭載した新機種が準備中、という内容。

また、Oppoがこの投稿をしている機種が「OPPO Find N3 Flip」となっているので、同センサーが搭載されるのはこの機種になると予想されます。

また、この投稿を紹介していたIT之家によると、このLYTIAセンサーはXperia 1 Vに搭載のIMX888と非常によく似たセンサーになるとも。

間もなく発表のiPhone 15シリーズにもこのソニーの2層トランジスタ画素センサーが搭載されることは確実ですが、そのセンサーが「LYTIA」を冠するという情報は今のとこと確認できていません。

よって、この感じだとLYTIAブランドを冠したセンサーを搭載して初登場するのはこのOPPO Find N3 Flipということになりそうです。

追記:

別のTwitterユーザーからもこのセンサーに関する情報が投稿されていました。

この情報によると、このセンサーの正体はLYTIA LYT800イメージセンサー。
1/1.43インチで画素数は53MPと、Xperia 1 VのIMX888よりは若干センサーサイズは小型ですが、確かに似たスペックのセンサー、と言えそうです。

OppoXperia
スマホダイジェストをフォローする

コメント