Galaxy S24 Ultraのカメラ、S23 Ultraからの進化はかなり「微妙」

Snapdragon 8 Gen3を搭載する次世代Galaxyフラッグシップ、Galaxy S24シリーズ最上位モデル「Galaxy S24 Ultra」。

例年通りであれば来年2月発表、国内では4月頃のリリースとなるはず。

今回、このGalaxy S24 Ultraのカメラ仕様に関する新情報がリークされていました。

有名リーカー、UniverseIce氏によると、Galaxy S24 Ultraは、メインカメラに200MP ISOCELL HP2センサー、3倍望遠カメラに12MP Sony IMX754センサー、超広角カメラに同じ12MP Sony IMX564センサーを搭載し、これらのセンサーは現行のS23 Ultraから据え置きということに。

唯一のアップグレードは、2つ目の望遠レンズのみで、センサーがIMX754からIMX754「+」センサーになるとされています。

IMX754とIMX754+の違いについては現時点では不明ですが、基本的な型番が同じということは大きなハードウェア的な変化はないものと思われます。

つまり、カメラのハード面ではGalaxy S23 Ultra→S24 Ultraでは同じ型番のセンサーが若干アップグレードされるだけ、ということに。

スマホのカメラ性能の半分はソフトで決まる、とも言われていますが、ソフト面での性能向上は既存モデルにも適用されるはず。

よって、現時点では次世代Galaxy S24 Ultraでカメラ性能が大幅に進化する、という可能性はかなり低そう

まあ、Galaxyに限らず、ハイエンドスマホのカメラ性能進化は全体的に鈍化しているという印象もあるので、毎世代新型センサーを搭載する時代というのは終わったのかもしれませんね。

Galaxy
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント