Redmi Pad2に搭載のチップセットが判明、ダウングレードだけど価格も安く?

シャオミが展開するリーズナブルなミッドレンジ・タブレットシリーズの未発表機種、Redmi Pad 2に関する新リーク情報がでてきました。

xiaomiuiが伝えたもので、まず、このスマートタブレットのコードネームは「xun」でモデルナンバーは「23073RPBFG」。EEC認証を通過しており、末尾の「G」からグローバル展開されることは確実ということになります。

また、この新型タブレットに搭載されるチップセットはSnapddragon 680で、ディスプレイは10.95インチ液晶パネル、解像度は1200×1920p、90Hzリフレッシュレートに対応。

メインカメラは8MPでフロントカメラは5MP。Android 13ベースのMIUI 14を搭載して出荷される模様です。

チップセットはダウングレードも価格もダウン?

ちなみに昨年の初代Redmi Padに搭載されていたチップセットはMediatekのHelio G99で、性能的にはSnapdragon 680よりも上。

ただ、同サイトによると今回のRedmi Pad 2は初代よりも価格が安くなる可能性が高いとのことです。

初代のRedmi Padは昨年10月に日本でも発売され、3GB+64GBモデルが39,800円、4GB+128GBモデルが44,800円でした。

ひょっとすると今回のRedmi Pad2は3万円台前半での国内リリースといった可能性もありそうです。

Xiaomi・Redmi・POCO 最新情報
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

IIJmio(みおふぉん)
タイトルとURLをコピーしました