Galaxy S23 Ultraの画面でしわや歪みの変形の報告→サムスン「欠陥ではない」

サムスンの2023年最新最上位モデル、Galaxy S23 Ultra。

国内でもドコモとauが春夏モデルとして取り扱うことが確実となっていますが、海外の一部ユーザーよりこのGalaxy S23 Ultraのディスプレイにしわのようなものがある、という報告が上がっていることが分かりました。

RedditやTwitter、サムスンのコミュニティーフォラムなどに投稿されていたもので、具体的には、ディスプレイが「変形」しているというもの。
大半のケースではディスプレイの右下に歪みやバブルのようなものが見える、というものです。

確かに画面の一部にしわが寄ったような歪みがあるように見えます。

サムスンは「欠陥ではない」と説明

この件について、サムスンはTwitter上で以下のように説明。

これは欠陥ではなく、画面には防水・防塵を確保するために複数のガラス層が接着されているため、ディスプレイの一部が潰れているように見えることがあると説明しています。

実際、この歪みは光の当たり方によって見えたり見えなかったりする模様。

また、サムスンは同様の問題に対する専用ページも設けていることが分かっています。

専用ページまで用意している、ということはおそらく過去モデルでも同様の症状を訴えるユーザーが多かったと考えられますが、わざわざ説明をしている以上はサムスン側の言い分を信じるしかなさそうですね。

Galaxy
スマホダイジェストをフォローする

コメント