Android 11アプデ後に画面回転がしない、もしくは勝手に回転する不具合

スポンサーリンク

Googleの最新OS、Android 11。

国内でも大部分の対象機種は提供済みとなり、かなりユーザーが増えてきたという印象です。

一方、これに伴い、ちょっと気になる不具合の報告も。
具体的にはAndroid 11アップデート後の「画面回転」に関するもので、症状としては:

・画面の自動回転をオンにしているのにもかかわらず、端末を横向きにしても画面が回転(横画面)にならない

・逆に、端末の向きに関わらず画面が回転しないように固定しているにもかかわらず、向きを変えると画面が回転してしまう

これ、国内ではXperiaやAQUOSといった国産モデルから、Galaxyでも。
また、XiaomiやOppo製モデルまで幅広く報告されており、海外ではPixelスマートフォンでも報告が見られます。

また、症状が出ているアプリもYoutubeやTwitter、ゲームアプリなど多岐にわたっています。

一方、このAndroid 11アップデート後の画面回転バグですが、遡ってみるとPixel向けにAndroid 11アップデートが提供された9月頃から発生している模様で、いくつかの改善方法・対処方法があることも分かりました。

Android 11アプデ後に画面回転がしない、もしくは勝手に回転する不具合の対処法

Webviewのアップデートのアンインストール

まずはAndroidシステムのWebViewアプリのアップデートをアンインストール。

  • 設定→アプリ(アプリと通知)→Android System Webview (AndroidシステムのWebView)
  • 「無効にする」→「アプリを無効にする」でWebviewが初期化されます。
  • 端末を再起動して、上の手順で再びWebviewを有効化
  • しばらくするとWebviewが再び最新のものにアップデートされます。

該当アプリのデータとキャッシュを削除

  • 設定→アプリ(アプリと通知)→画面回転がおかしいアプリを選択
  • 「ストレージ」→「ストレージを消去」&「キャッシュを消去」

個人的にはこの方法が一番効果的だと思います。

「クリーンマスター」のアンインストール

これはGoogle公式フォラム上に投稿されていたもので「Clean Master」アプリをアンインストールする、というもの。

ただ、オリジナルの「Clean Master」アプリはだいぶ前にPlayストアから削除されているので、ここでいう「Clean Master」アプリが厳密にどのアプリを指すのかは不明です。

ただ、どんなものにしろ、サードパーティーのキャッシュクリア系のアプリを使っている、という方は一度無効化、あるいはアンインストールをして様子を見てみることをお勧めします。

ちなみにここで紹介した方法はどれも100%の改善方法とは言えません。
これらの方法でも改善しない場合はOS/ファムウェア側、あるいはアプリ側のアップデートを待つしかなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました