Snapdragon 8 Gen2の真骨頂はGPUにあり!? SD8Gen1から1.7倍の性能進化

クアルコムの最新ハイエンド向けチップセット、Snapdragon 8 Gen2。

すでに来月初めにもいくつかの中国メーカーが同SoC搭載の最新モデルを発表予定で、海外勢ではGalaxy S23シリーズやXiaomi 13シリーズなどなど、国内勢ではXperia 1 IV/5 IVやAQUOS R8など、大半のAndroidハイエンドモデルに搭載されることが確実です。

このSnapdragon 8 Gen2、前評判はかなり良く、すでに見つかっているベンチマークスコアから判断すると、CPU性能については3割程度の性能アップとなることが判明済み。

また、先日、同チップセットの性能進化はここ数世代のSnapdragon 8シリーズでは最大となる、という件についてお伝えしました

しかし今回、このSD8Gen2はCPUよりもGPUの性能がさらに大きく進化していることが判明しました。

以下はGalaxy S23 UltraのGeekbench 5 「Compute」のスコア。

俗にいう「Geekbench」はCPU性能を計測するのに対し、この「Geekbench 5 Compute」はGPU性能を測定する別のベンチマーク。

SD8Gen2搭載のGalaxy S23 Ultraのスコアは9289となっています。

一方、前モデルのGalaxy S22 Ultraはというと:

つまり、今回の結果を見る限り、Snapdragon 8 Gen2のGPU性能はSnapdragon 8 Gen1から65%もアップしている、ということに。

さすがにこれだけ違うとゲームプレイ時のグラフィック処理などでの体感性能にも差が出そう。

もちろん、これを同チップセットの平均的なGPU性能とみなすにはまだサンプルサイズが不十分です。
が、もしそうであればGPU性能が1世代で約1.7倍になった、という前例は過去のSnapdragon 8シリーズではなかったはず。

よって、このSnapdragon 8 Gen2、少なくともGPU性能においては過去最大の進化、と言ってもよさそうです。

Androidスマホ全般Galaxy
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました