ソニー、XperiaのAndroid 13アプデで追加される新機能5つを公式紹介

昨日、正式なOTAアップデート配信開始が確認されたXperia向けのAndroid 13アップデート。

当記事執筆時点ではまだ、対象機種はXperia 1 IVのみで、英国とEU圏の一部の国のバージョンのみの模様です。

そんな中、このAndroid 13アップデートで追加される新機能について紹介しているソニーの公式情報が見つかりました。

タイのソニー公式ページ上で紹介されていたもの。
(なぜかすでにアップデートが提供されている英国や一部EU圏内の国での公式ページではまだ未掲載の模様)

カラーテーマのカスタマイズ「ダイナミックカラー」に対応

これは要はAndroid 12で実装された「ダイナミックカラー」がAndroid 13でようやくXperiaにも搭載された、という事だと思います。

Android 13では、クイック設定パネルのカラーテーマや、Androidランチャーがサポートするテーマアプリのアイコンを変更し、現在の壁紙に自動的に色を合わせることで、さらに端末をパーソナライズすることができるようになります。

新しいクイック設定パネル

今回のAndroid 13アップデートでは、クイック設定パネルにフォアグラウンドアプリの一覧を表示する機能が追加されました。

このリストがあれば、起動している必要のないアクティブなアプリを簡単に把握でき、アプリ名の横にあるボタンを1回押すだけで停止させることができます。

これにより、バッテリー消費が速い場合や、端末のフリーズといった問題が発生した際に、リソース喰い虫のアプリを素早く終了することができるようになるようです。

アプリごとの言語設定が可能に

Xperiaに限らず、現在のスマートフォンはどの機種であってもOSレベルでは複数言語に対応しています。

一方、Android 13ではアプリごとに異なる言語の設定が可能になり、例えばLINEは日本語、Twitterは英語表示、といった使い方が可能になります。

マルチリンガルの方には便利な機能となりそうです。

「Bluetooth LE Audio」でオーディオを共有

Android 13で新たに搭載された「Bluetooth LE Audio」を使えば、新しいオーディオの共有方法が可能に。

この機能を使えば、Xperia端末から、複数の友だちの対応ヘッドフォンに同時にワイヤレスで音声を流すことができます。また、複数の友だちと一緒に、LE Audio対応機器から共有音声を受信し、それぞれのヘッドフォンで一緒に音楽を聴くことも可能です。

これ、個人的には夜遅い時間帯などに大音量で誰かと動画鑑賞したときなどに役立ちそうです。

ライブストリーミング機能が追加

以前のAndroidバージョンでも、外部モニターアプリで対応カメラに接続し、Xperia端末をビューファインダーとして使うことはできました。

しかし、今回のAndroid 13アップデートでは、そのアプリに新たにライブストリーミング機能が追加。これにより、対応カメラで高画質な動画を撮影すると、それを動画配信サービス経由でライブストリーミングすることも可能になります。

なお、今回のXperia 1 IV向けAndroid 13アップデートでは、Xperia 5 IVにはすでに搭載されている「押込み式指紋認証」が追加されていることも確認されています。

同機能は個人的には今回のアップデートでかなり重要な新機能の一つだと思うのですが、紹介されていない、ということは、Xperia 1 III/5 IIIといった旧型モデルには搭載されない、という可能性もありそうですね。

ソース:SONY

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました