Redmi Note 11T Pro正式発表!Dimensity 8100は無印Note 11シリーズとは比べ物にならない性能

昨日シャオミが正式発表をした新型Redmiモデル、Redmi Note 11T ProおよびNote 11T Pro+。

いずれのモデルもMediatek 8100を搭載し、バッテリー容量と充電周り以外はほぼ同スペックです。

Redmi Note 11T ProおよびNote 11T Pro+のスペック

SoCDimensity 8100
メモリ6/8GB, LPDDR58GB, LPDDR5
容量128 / 256 GB128 / 256 / 526 GB
画面6.6型 LCD, 2K, FHD+ (2460 x 1080)
リフレッシュレート 144Hz
アスペクト比 20:5:9
通常輝度 650nits
DisplayMate A+,DCI-P3,
DC調光, HDR10, Dolby Vision
リアカメラ
メイン:6400万画素 (GW1)
超広角:800万画素
マクロ:200万画素
フロントカメラ
1600万画素
音響デュアルスピーカー
Dolby Atmos, Hi-Res
バッテリー
充電
5080mAh, 67W急速充電4400mAh, 120W急速充電
Surge P1チップ
4GFDD-LTE :B1 / B3 / B5 / B8 / B19
TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41 / B42
5Gn1 / n3 / n5 / n8 / n28A / n38 / n41 / n77 / n78
防塵防水IP53
生体認証側面指紋/顔
その他Wi-Fi 6, Bluetooth 5.3, NFC3.0, IRブラスター, X軸振動モーター
寸法163.64 x 74.29 x 8.87mm, 200g163.64 x 74.29 x 8.9mm, 198g


ミッドレンジにしては非常に豪華なスペックで、「ミッドレンジ」というよりは「準ハイエンド」と呼んだ方が良いレベルの性能です。

中でも注目すべきはMediatekの最新チップセット、Dimensity 8100を搭載している、という点。

同チップセットの性能はすでに国内でリリースされているRedmi Note 11シリーズのチップセットとは大きく差があり、今回は実際にどの程度の違いがあるのか、という点を見てみたいと思います。

国内で展開されているRemi Note 11シリーズは無印のNote 11とNote 11 Pro 5Gの2モデルで、それぞれにはSnapdragon 680およびSnapdragon 695 5Gが搭載。

そしてこれらの2つのチップとRedmi Note 11T Pro/Pro+に搭載のDimensity 8100との性能を比較してみたいと思います。

Redmi Note 11T Pro/Pro+ vs Note 11 Pro 5G vs Note 11ベンチマーク比較

Redmi Note 11T Pro/Pro+
Dimensity 8100
Remi Note 11 Pro 5G
Snapdragon 695 5G
Redmi Note 11
Snapdragon 680
Antutu
総合
775421400364266103
Antutu
CPU
18106412712181885
Antutu
GPU
3033479917248510
Geekbench
シングルコア
919690371
Geekbench
マルチコア
379519981542
データ参照:nanoreview.net

Redmi Note 11T Pro/Pro+のAntutu総合スコアはNote 11シリーズの最上位モデル、Note 11 Pro 5Gと比べても2倍近く、無印のNote 11と比べると約3倍のスコアという事になります。

ただ、それよりも性能差が顕著なのはGPU性能で、Dimensity 8100のAntutuにおけるGPUスコアはSnapdragon 695の3倍以上、さらにSD680の6倍以上という事になります。

ベンチマークスコアは必ずしも実使用での動作速度を正確に表すとは限りませんが、さすがにここまでスコアが違うと日常使用でもかなり動作に違いが出ると思われます。

というか、このRedmi Note 11T Pro/Pro+はNote 11シリーズのアップグレードモデル、というより2世代くらい先のモデルの性能と言った方が良いかもしれませんね。

ちなみにこのRedmi Note 11T Pro/Pro+の中国以外でのリリース予定ですが、同一モデルが先日POCOブランドでFCC認証を通過。よって、機種名がどうなるかは別にしてもグローバル展開されることはほぼ確実です。

Xiaomi・Redmi・POCO
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました