これを待ってた!すべてのAndroidスマホをeSIM化できる「eSIM対応のSIMカード」が登場!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホの端末内にSIMが内蔵されている「本体一体型のSIM」、eSIM。

iPhoneではかなり前の機種から対応していますが、Androidスマートフォンではまだ非対応の機種の方が圧倒的に多い状態です。
また、当然ですが、すこし古い機種だと対応しているモデルはほぼ皆無です。

そんな中、海外で基本的にAndroidスマートフォンならばどんな機種でもeSIM対応化することができる「eSIM対応のSIMカード」というものが販売されていることが判明しました。

Android Policeが紹介していたeSIM.meという製品で、どうやらドイツ企業が母体の模様。

「え?eSIMって物理SIMカードじゃないからeSIMなんじゃないの?」と思った方。
ごもっともです。

ご存知のように、「eSIM」というのは「Embedded SIM(組み込み型のSIM)」を意味する言葉で、「本体一体型のSIM」のこと。つまり、eSIMという物理的なSIMが存在するわけではありません。

しかし、このeSIM対応SIMは物理的なSIMカードを差し込むことで、端末をeSIM対応にすることができる、というもの。

最大で30個までのeSIMを登録可能で、価格は29.95米ドル~。

基本的な手順としてはeSIM.meカードを挿入し、専用アプリをダウンロード。そして使用する通信サービス・キャリアのeSIM QRコードをスキャンするだけで利用できるという優れもの。

また、このeSIM.meカードはFAQを見る限りでは世界中どこの国でも発送してくれるようです。(送料かかかるみたいですが)

なお、このeSIM.meはAndroid 9.0以降の端末でないと動作しない、という情報もあるので、厳密にはすべてのAndroidスマートフォンで使える、とは言えない部分も。

また、私もまだ購入して動作を確認したわけではないので、国内モデルでも使えるという保証は出来かねます。よって、試してみるという方はくれぐれも自己責任でお願いします

ソース:Android PoliceeSIM.me

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Androidスマホ全般
スマホダイジェスト

コメント

  1. anonymous より:

    これはただのクラウドSIMなのでは?
    日本だと格安SIM業者がエリアと安さを良いとこ取りするためにキャリアを選ばせないプラン仕様にしてるけど、
    システムの仕組みはクラウド上のSIMを客に割り当ててるだけだから固定することもできる。

タイトルとURLをコピーしました