Xiaomi 12のティザー情報続々、超大型VC搭載、iPhone 13とのサイズ比較など

スポンサーリンク
スポンサーリンク

12月28日の正式発表を前にしてXiaomi 12シリーズの様々な公式情報が続々と公開されているようです。

先ほど、同モデルの解像度は前モデルのXiaomi Mi 11のQHD+からFHD+へとダウングレードされる、とお伝えしましたが、今回はサイズについての情報。

Xiaomi 12は6.28インチのディスプレイを搭載し、現行のXiaomi Mi 11の6.81インチよりかなり小さくなることが確認されました。

また、上の画像からも分かるように、6.1インチのiPhone 13と比べて縦幅は若干長くなっていますが、横幅は短くなる模様。

iPhone 13を意識して「持ちやすさ」を強調しています。

また、Xiaomiは新しい12シリーズでのカメラの改良点もアピール。

同社は、カメラのアルゴリズムを改善するために2年間の研究開発を行ったと伝えられており、新しいティーザーでは、ナイトモード撮影を含むすべてのシナリオで画像処理の高速化もアピールしています。

さらにXiaomi 12ではSnapdragon 8 Gen 1のために冷却構造を根本から変えたようで、巨大なベイパーチャンバー冷却板を搭載するようです。

一方、十分な大きさの冷却パッドと他のすべての主要コンポーネントを維持したまま、マザーボードを縮小することに成功したとも。

外見的には前モデルから大きな変化はなさそうなXiaomi 12シリーズですが、内部構造ではかなり大幅な改良をしたようですね。

ソース:GSMArena

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xiaomi/Redmi
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました