ミッドレンジなのにXperia 5 V超え!Redmi Note 13 Proのカメラ性能!

Redmiの最新ミッドレンジシリーズのRedmi Note 13 Pro/Pro+

FCC認証通過情報からすると「Pro」の方は国内リリースの可能性もかなり高まっていますが、同モデルの売りはなんといってもメインカメラに200MPセンサーを搭載していること。

そんなRedmi Note 13 Pro/Pro+のカメラ評価がDXOMark上に掲載されていました。

Redmi Note 13 ProのDXOMark評価

同サイトによると、Redmi Note 13 Proのカメラ評価スコアは120ポイント

ハイエンドモデルと比べるとかなり劣りますが、これはミッドレンジモデルとしてはかなりの高スコアです。

ハイエンドのXperia 5 IV/V以上のカメラ評価

実際、120ポイント前後の機種と比べてみても:

2世代前のフラッグシップ、Galaxy S22と同点で、さらにソニーの最新フラッグシップ、Xperia 5 Vよりも高い評価を受けているのが分かります。

Xperia 5 VのDXOMark評価

また、両者の内訳を比べてみると、Redmi Note 13 Proのカメラは特にズーム撮影における評価がXperia 5 Vよりもかなり高くなっているのが分かります。

Redmi Note 13 Proシリーズはチップセット以外は「ほとんどハイエンド」と言われるほどの豪華スペックなミッドレンジモデル。

ただ、それでもXperia 5 Vと比べて価格はRedmi Note 13 Proの価格は半分以下なので、これはXperiaユーザーにとっては少しショックな評価です。

コメント

IIJmio(みおふぉん)
タイトルとURLをコピーしました