ミッドレンジのXperia 10 V、5 Vより先にAndroid 14バージョンアップ提供開始

ソニーが初夏にリリースした2023年版の新型ミッドレンジモデル、Xperia 10 V。

チップセットが前モデルから据え置きにも拘らず、国内での価格は引き上げられたこともあり、かなり歴史的な「不人気機種」となっています。

しかし今回、このXperia 10 Vに対してAndroid 14へのバージョンアップの提供が開始されたことが明らかになりました。

今回アップデート開始が確認されたのは英国版のXperia 10 V (XQ-DC54)で最新ファームウェアのバージョンは「68.1.A.2.93」。
三つ目の数字が「0」から「1」になっているので、これがOSアップデートであることは確実です。

なお、今のところXperiaでAndroid 14アップデートが提供されているのは欧州版の一部と香港版のXperia 1 Vのみで、Xperia 5 Vにはまだどこの国・地域でもAndroid 14は未配信。

当サイトで把握している限り、最新ハイエンドXperiaよりも先にミッドレンジXperiaに最新OSのアップデートが提供された例、というのは今回が初めてではないかと思われます。

また、Android 14アップデートが提供済みのミッドレンジモデルというのは比較的アップデートの早いGalaxyでも存在せず、他社機種と比べてもかなり早い展開と言えると思います。

Android 14Xperia
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント