国内2キャリア目のXperia 5 VがFCC認証を通過、海外5Gローミングには非対応?

ソニーモバイルの2023年後半モデル、Xperia 5 V。

先日、そのキャリア版と思われる未発表XperiaがFCC認証を通過した、という件についてお伝えしましたが、今回、同じXperia 5 Vの別キャリア版と思われるモデルがFCC認証を通過していました。

今回認証通過が確認されたのは「PY7-95649X」というFCC IDのモデルですが、ほとんどの認証通過に使われている資料が先日のPY7-76732Vのものの「リユース」。

また、今回の「PY7-95649X」と「PY7-76732V」が電気的に基本は同一であることも記載されており、このことから、今回のモデルは国内キャリア版Xperia 5 Vの2モデル目、ということに。

また、認証を受けているLTE対応バンドからすると、今回の「PY7-95649X」がドコモ版、そして「PY7-76732V」がau版という可能性が高そうです。

Xperia 5 Vは海外5Gローミングには非対応?

なお、Xperia 1 VはFCC認証通過の段階で米国での5Gバンドの認証を受けていましたが、今回のXperia 5 Vはいずれも5Gバンドの認証は受けていません。

よって、ひょっとするとこの国内キャリア版Xperia 5 Vは1 Vとは異なり、海外での5G通信には非対応という可能性もありそうです。

docomoXperia
スマホダイジェストをフォローする
IIJmio(みおふぉん)

コメント