国内リリース確実なシャオミの最安圏モデルRedmi 12Cのベンチマークスコアが発見

シャオミの未発表新型エントリーモデル、Redmi 12CのベンチマークスコアがGeekbench上で発見されました。

22120RN86Gは認証通過情報などから「Redmi 12C」あるいは「POCO C55」としてグローバル展開されることが確認されているモデル。

MT6769V/CZはMediatek製のHelio G85のもので、性能として2世代ほど前のSnapdragon 680と同程度といったところです。

メモリはエントリーモデルらしく4GB。
なお、これまでの情報によるとこのRedmi 12CにはHD+解像度の6.71インチディスプレイと水滴型ノッチ。
50MPメインセンサーと0.8MP深度レンズのデュアルリアカメラセットアップ、5MPの前面セルフィカメラで、指紋認証は端末裏面に搭載。
10W充電対応でバッテリー容量は5000mAhとなります。

なお、このRedmi 12Cは少し前に総務省の技適認証の通過が確認されていることから、国内でのリリースも確実。
ひょっとすると日本でリリースされる同社の2023年モデルとしては初めての機種となる可能性も高そうです。

ソース:Geekbench

Xiaomi・Redmi・POCO 最新情報
スマホダイジェストをフォローする

コメント