Xperia 1 Vは国内キャリア版が先行発売?ベンチマークスコア発見か

春ごろの発表、初夏のリリースが予想されており、ソニーモバイルの2023年版フラッグシップモデルとして注目の「Xperia 1 V」。

今回、Reddit上にこのXperia 1 Vの国内キャリア版の可能性があるベンチマークスコアのスクリーンショットが投稿されていました。

型番は「SOG10」とあります。

これはau版Xperiaのもので、既存最新のXperia 5 IVが「SOG09」であることから、「SOG10」はその次世代モデルの一つ、ということになります。

また、Motherboard欄の「kalama」はSnapdragon 8 Gen2の開発コード名なので、同モデルはソニーの次世代フラッグシップモデル、つまりXperia 1 Vのものということに。

一方、ベンチマークスコア自体はシングルコアのスコアもマルチコアのスコアもすでにリリース済みのSnapdragon 8 Gen2搭載機としては平均的です。

ただこれ、いくつか怪しい点も。

まず、Geekbench上に掲載されるXperiaのベンチマークスコアは海外版・国内キャリア版を問わずモデル名の欄に必ず「Sony」が入るはずですが、今回のものは型番のみ。(例:Xperia 1 IVのau版は「Sony SOG06」と表記)

また、これまでにキャリア版の新型Xperiaのベンチマークスコアが海外版に先駆けて発見された例、というのもほとんど皆無なので、これ自体もかなり怪しいと言えます。

ただ、過去にキャリア版Xperiaが海外版よりも先にリリースされた例というのは何度かあるのも事実。

型番表記以外の内容に関しては特に不自然な点は見当たらないので、偽物との断定もできないところです。

新型・次期Xperia 最新情報・リーク情報
スマホダイジェストをフォローする

コメント