2023年の次世代Xperiaでリアカメラの数は「減る」フロントカメラは「増える」との謎情報

ソニーの次世代Xperia、と言えば、まだ少し気は早いですが、2023年のXperiaラインナップ、特にプレミアムフラッグシップとなる「Xperia 1 V」が気になり始めている方もいるのではないでしょうか。

今回、この2023年の次期Xperiaの「カメラの数」に関する少し気になる情報が発見されました。

RedditユーザーがWeibo上で発見した情報として投稿していたもので、直訳すると「次世代のXperia では、前面カメラが多くなり、背面カメラが少なくなる可能性があります」という内容。

一見ナゾナゾのようですが、意味はおそらく文字通りで、来年リリースの新型Xperiaではフロントカメラの数が増え、リアカメラの数が減る可能性がある、ということ。

また、これは普通に考えれば2023年最初のフラッグシップとなるであろう、Xperia 1 IVに関する情報だと思われます。

Xperia 1 VではToFセンサー廃止?

ご存知のように、現行最新のXperia 1 IVに搭載されているリアカメラは「トリプルカメラ」と言われており、広角、超広角、望遠。
ToFセンサーはカメラと呼ぶべきかは微妙なところでしょう。

よって、リアカメラの数が減る、ということは超広角か望遠が削られる、ということでしょうか。

Xperia 1 IVのリアカメラ構成。次世代ではToFセンサーが削られる?

ただ、常識的に考えて、次期Xperiaフラッグシップでこれらのどちらかが非搭載となる、というのは考えにくいところなので、やはり削るとすればToFセンサーのような気がします。

噂のマイクロマトリックス・カメラを採用?

一方、「フロントカメラの数が増える」との書込みもかなり気になる内容。

現在でもデュアルフロントカメラを搭載したモデルはいくつかあります。
が、Xperiaがいまさらそれを採用するとは考えにくいところ。

となると、以前から噂のあるベゼル部分に複数の超小型カメラを搭載したマイクロ・マトリックス・カメラを指しているように思えます。

いずれにせよ、ソースなどがはっきりとせず、信ぴょう性はかなり微妙な情報なので、現時点では噂程度に受け取っておくことをお勧めします。

ソース:Weibo via Reddit

新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました