Xiaomi 12 UltraはSnapdragon 8 Gen1の改良チップ、SM8475を搭載してQ3リリースへ

シャオミが中国で先行リリース、グローバル版も間もなく発売されると言われているハイエンドモデル、Xiaomi 12シリーズ。

今のところはXiaomi 12およびXiaomi 12 Proのみの展開ですが、今回、その上位モデルに関する新情報がでてきました。

Digital Chat Station氏がWeibo上に投稿していたもの。

シャオミは今年第3四半期にクアルコムの最新のSM8475プロセッサを搭載したコード名「L2S」という機種をリリース予定。このモデルはXiaomi 12 Proの上位モデルとして展開されるとのこと。

SM8475は以前よりなんどもその存在がリークされているSnapdragon 8 Gen1の「Plus」版に相当するアップグレード版/改良版と言われており、製造はサムスンではなくTSMCになると報じられています。

Xiaomi 12 Ultraの可能性大

なお、今回、Digital Chat Station氏はこのモデルについて「Xiaomi 12 Proの上位モデル」と言っているだけで、Xiaomi 12 Ultraという機種名には言及していません。

ただ、普通に考えればXiaomi 12 Proの上位モデルであればUltra、ということに。

また、Xiaomiuiもほぼ同時に「2206122SC」という型番の認証通過情報を伝えており、同モデルのコード名もL2S。

そして前シリーズではXiaomi Mi 11 Ultraが「J1S」だったことからL2SはXiaomi 12 Ultraに相当するとしています。

ソース:WeiboXiaomiui

Xiaomi・Redmi・POCO 最新情報
スマホダイジェストをフォローする

コメント