Xiaomiの次世代バッテリー技術、容量10%、電池持ち100分アップ

中国のXiaomiがスマートフォン向けバッテリーにおける新技術を明らかにしました。

同社がWeibo公式ページ上で明らかにしたもので、この新世代バッテリー技術では、スマートフォン用としては初めてバッテリー電力レベルの高シリコンリチウムサプリメント技術を採用したとのこと。

電池容量10%、駆動時間100分アップ

これはバッテリー内のシリコン含有量は3倍に増加し、従来と同じサイズのバッテリーで容量は10%増加。さらにバッテリー寿命が100分長くなるとのことです。

パッケージング技術も刷新され、スペース効率がさらに向上。PCM(保護回路モジュール)の角度を90度に変更し、従来のフラットな状態ではなく、省スペース化を実現したとのことです。

さらに、シャオミはこの新しいバッテリーに燃料計チップを搭載。このチップは、夜間の充電を監視し、安全性とセルの寿命を向上させる高度なアルゴリズムを使用するとのことです。
また、これにより、スマートフォンを長時間接続した場合の過充電状態が緩和され、センサーを使った温度管理も行われるようになる模様

この100分のバッテリー持ちアップですがこれが実際に端末を使っている「使用可能時間」だとすると、かなり大きな電池持ち向上、ということに。

なお、この新技術を採用したバッテリーは来年の第2四半期から出荷が開始されるとのこと。
となると、来年後半のフラッグシップ、Xiaomi 13あたりでは実装されそうですね。

ソース:Weibo

Androidスマホ全般
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

IIJmio(みおふぉん)
タイトルとURLをコピーしました