Galaxy S24 Ultraの「チタン」はiPhone 15 Pro Maxのものよりも低品質であることが判明

サムスンの最新・最上位フラッグシップモデル「Galaxy S24 Ultra」。(国内でもドコモとauの取り扱いは確定済)

同モデルではチタニウム製のフレームが採用されており、これはライバル機種のiPhone 15 Pro Maxも同様です。

しかし今回、両モデルに使われているチタンは同じチタンでも異なる品質のものであることが明らかになりました。

スマートフォンの耐久テストや分解動画で有名なJerryRigEverythingチャンネルが明らかにしたもの。

同チャンネルが金属の性質を調べる特殊な機械を使ってGalaxy S24 Ultraのフレームに使われているチタン調べたところ、このチタンは「グレード2」のものであることが判明。

一方、今回の動画によるとiPhone 15 Pro Maxに使用されているチタンは「グレード5」とのこと。

Galaxy S24 Ultraの「グレード2」チタンとiPhone 15 Pro Maxの「グレード5」チタンの違い

JACKROADより

ざっと調べたところ、日本ではグレード2のチタンは「純チタン」、グレード5のチタンが「チタン合金」と呼ばれる模様。

要は、Galaxy S24 Ultraに使われているチタンはiPhone 15 Pro Maxのものと比べる品質が低い、ということに。

なお、チタン合金は純チタンと比べると価格が3~4倍するとのことで、iPhone 15 Pro Maxには10~15ドル程度の価値のチタンが使われているのに対し、Galaxy S24 Ultraのチタンは3~5ドル程度とのことです。

ソース

Galaxy
スマホダイジェストをフォローする
スマホダイジェスト

コメント

IIJmio(みおふぉん)
タイトルとURLをコピーしました