Xperiaスマホは前途多難?若者には圧倒的「不人気」でAQUOSやGalaxyに完敗

ここ最近、世界的に需要が伸び悩んでいると言われているスマホ市場。

国内でも同様の傾向なようですが、今回、その国内でのブランド別スマートフォンのシェアに関する興味深い調査結果が見つかりました。

10代~60代までの各スマートフォンブランドのシェア率を表したもの。

10代~20代ではiPhoneが圧倒的といった感じ。

基本的に若者ほどiPhone率が高い、というのはすでによく知られている事ですが、興味深いのはAndroidスマートフォンの世代間の違い

まず、Galaxyスマホのシェア率は世代間でそれほど大きなばらつきがありませんが、Xperiaはそれとは対照的。

また、AQUOSは60代の高年齢層には圧倒的な支持を受けている模様です。

一方、Xperiaのシェア率は40代では12%となっていますが、10代と20代では3%とかなり少なくなっています。

つまり、Xperiaは若い層ほどXperiaのシェアが低く、世代によって最大でユーザー数に4倍の差があるということに。そして世代間これだけシェアに差が出ているのはXperiaだけとなっています。

将来的に「主力消費者」となる若年層の間でこれだけ不人気、というのはソニーのXperiaスマホ、かなりの前途多難と言わざるえません。

ソース

AQUOSGalaxy新型・次期 Xperiaの最新情報
スマホダイジェストをフォローする

コメント

  1. 名無しさんメイン機はX3 pro より:

    わい、昔から国産機か台湾製を愛する民。
    だけど、台湾製は文鎮化問題で、ペリアは価格性能比が悪すぎてさ。
    二年半使ってた台湾製が急に壊れて、急ぎ必要だからと、安かったから渋々Galaxy S21 5Gを一括四万ちょいで買ったのよ。
    で、粗探しするつもりで使ったのね。
    でも、言いたか無いが、ペリアの名機と呼ばれる端末より「瑕疵が少ない」という点で快適なのよ。
    来年S23が一括7万台とかで売られたら、もう値引き適用しても一括10万超えのペリアなんて目にも入らないと思うわ。
    てか、普及モデルの5ですら性能に見合わない高値なのはもう駄目だろ。

  2. " より:


    アクオスの60代は?
    記事の意味不明