Pixel 7 Proは「可変解像度」機能を搭載か

Googleが秋にリリース予定の新型Pixel、Pixel 7/7 Pro。

少し前には盗難された?とされるPixel 7 ProのプロトタイプがFacebookのマーケットプレイスで販売されたり、それを知らずに購入し、Pixel 6 Proだと思って3週間も使い続けるという事案が発生したりと、ネタには欠かない新型Pixelといった感じです。

そんなPixel 7 Proですが、今回、XDAに同モデルのディスプレイに関する興味深い新情報が掲載されていました。

今回の情報によると、Pixel 7 Proではディスプレイのスクリーン解像度を1080p (FHD)と1440 (QHD)に切り替えることができる機能が搭載される可能性がある、とのこと。

また、これはwmサイズの設定のようにスケーリングされた解像度ではなく、カスタムタイミングでドライバに定義された実際の解像度になる、とのこと。

Xperia 1シリーズの4Kディスプレイなどは、コンテンツによってFHD表示になるようになっていますが、これを手動で切り替えることができる機種、というのはほとんどないように思えます。

また、これはドライバーレベルでの解像度変更とのことなので、QHD→FHDに解像度を落とすことでバッテリー持ちも大きく改善できそうですね。

ソース:XDA

Pixel
スマホダイジェスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました