AQUOS sense4シリーズでもAndroid 11アプデによるベンチマークスコア低下

スポンサーリンク

キャリアやSIMフリーモデルとして展開されているシャープの新型ミッドレンジ、AQUOS sense4 (シリーズ)。

無印のドコモ版AQUOS sense4だけでなく、AQUOS sense4 liteやsense4 basicなどにもすでにAndroid 11アップデートが提供され、国内のミッドレンジスマートフォンとしてはかなり早いアップデートでこれについては良い意味でサプライズでした。

ただ、このAQUOS sense4シリーズ「でも」、Android 11アップデート後の性能低下の可能性がでてきました。

以下はAndroid 11へアップデートしたAQUOS sense4/sense4 lite/sense basicのGeekbenchにおけるベンチマークスコア。

まだ測定結果の数が限定的ではありますが、マルチコアのスコア平均は1500前後といったところ。

一方、以下はAndroid 10搭載のAQUOS sense4シリーズのスコア。

こちらのスコアは平均して1700台中盤といった感じ。

つまり、今回の結果を見る限り、AQUOS sense4シリーズのベンチマークスコアはAndroid 10→Android 11へのアップデートで1割以上下がっている、ということになります。

Android 11アップデート後のベンチマークスコアはXperia 1 IIやXperia 5 II(Xperia 1やXperia 5では未確認)でも大幅な低下と「不安定化」が観測されています。

一方、Galaxy S20シリーズや他のPixelといった他のモデルではアップデート前後でこれといったスコアの変化が見られない機種も多数あるので、少なくともOSやCPU起因とは言えない状況。

はっきりとした原因やこのベンチマークスコアの低下が実使用でどういった影響を及ぼしているのかは今のところは不明です。

ただ、Android 11アップデート後のXperiaやAQUOSでは一部で動作が鈍くなったり、カクつくようになった、という報告も散見されるのでひょっとするとひょっとすると何らかの性能低下がベンチマークスコアの低下として表れているのかもしれません。

AQUOS sense5Gの性能はsense4を下回る可能性、初のベンチマークスコアが発見
シャープの最新ミッドレンジモデル、AQUOS sense5G。senseシリーズでは初の5G通信対応モデルとなり、手ごろな価格から今後しばらくは国内5Gスマホの主力製品となりそうな雰囲気です。なお、このAQUOS sense5Gのリリース予

コメント

  1. ふぁーwwww より:

    海外メーカーが何の変化もなくて国内メーカーだけ性能落ちるとか国内メーカー死亡じゃね??

タイトルとURLをコピーしました