Galaxy S21 Ultraの実機とされる画像が初リーク

スポンサーリンク

サムスンが来年1月中旬に発表する可能性が高まっている新型Galaxyフラッグシップ、Galaxy S21シリーズ。

前シリーズ同様にS21、S21+、S21 Ultraの3モデル展開となることが確実となっていますが、今回、このうちの上位2機種、Galaxy S21 UltraおよびGalaxy S21+のものとされる実機画像がリークされていました。

ぱっと見た感じの外観は過去にリークされたレンダリング画像のものと一致しています。

ただ、これは「ブラック」のものだと思われますが、Galaxy Sシリーズで画像のような艶消しの黒、というのは珍しいような。
ひょっとするとプロトタイプという可能性もありそうです。

なお、それぞれ機種のカメラについては:

Galaxy S21 Ultraは108MPのメインセンサーに12MPの超広角、そして望遠カメラを2つ搭載したクアッドカメラ。そして望遠カメラの一つは10倍の光学ズームに対応している模様です。

なお、個人的にはLEDフラッシュの上にある赤い部分が気になりますが、その下に小さな穴があるようにも見えます。何らかの新型センサーでしょうか。

一方、Galaxy S21+のカメラ周りはシンプル。

12MP(メイン)+12MP(超広角)+64MP(望遠)となっています。

Galaxy S20+ではこれにToFセンサーが搭載されていましたが、これまでの情報によるとS21シリーズではこれが非搭載になると言われています。

ということは同シリーズでは無印のS21とS21+のカメラは完全な同一仕様、という可能性もありそうです。

ソース

追記:以下は有名リーカーIce Universe氏がTwitter上に投稿していたもの。

さらに詳細なカメラ仕様で、メインセンサーはサムスンの最新センサー、HM3。
超広角はソニー製IMX563となっています。

また、先述の赤い部分はレーザーAFの模様。
さらに10倍ズームの望遠カメラの画素数は10MPとされています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました