ソニー公式、Xperia 1 IIIのアプデ1回説を「否定」、ただし2回以上の「保証」もせず

スポンサーリンク

ソニーモバイルの最新Xperiaフラッグシップ、Xperia 1 III

発熱や電池持ちといったマイナス評価やちょっとした不具合報告はあるものの、全体としては高評価という印象で、国内でもハイエンドとしては比較的好調な売れ行きという印象です。

一方、このXperia 1 IIIについては数日前にオランダのメディア初のOSアップデート予定に関する気になる情報が報じられ、ちょっとした騒ぎとなりました。
これまでの経緯についてはこちらこちらの記事をご覧ください。

内容としては、Xperia 1 IIIへのAndroid OSアップデートが1回きりになる、つまりAndroid 12アップデートが最後になる、というもの。

しかし今回、GSMArenaにこの件についてソニーが公式なコメントを出したようです。

It is not correct that Xperia 1 III will have only one time Android OS update. We aim to support Xperia 1 III with the latest Android updates for two years after its launch and we expect to have Android OS updates more than once during that period.

Xperia 1 IIIのAndroid OSアップデートが1回だけというのは正しくありません。Xperia 1 IIIは発売後2年間、最新のAndroidアップデートでサポートすることを目指しており、その間に複数回のAndroid OSアップデートがあることを想定しています。

朗報としてはソニーが明確にXperia 1 IIIのアップデート提供が1回のみ、という点について「不正確」であるとして否定している点。

GSMArenaによると、ソニー側が直接コンタクトを取ってきた、とのことなので、よほど情報を訂正したかったのでしょう。

ただ、その後に続く文章として、Androidアップデート(これはセキュリティではなくOSアップデートという意味だと思います)を2年間サポートすることを「目指す」としており、その間に2回以上(1回を超える)アップデートを提供することを「想定」しているとのこと。

つまり、ここでも最低2回のアップデートを保証はしておらず、あくまで目標としているとのことで、1回である可能性も100%は排除できない、ということに。

要は先日の「まだ決まっていない」というのが一番正確な状況のようですね。

また、サポート期間が2年間、という点については先の情報は間違っていなかったようなので、やはりサムスンの4年、Pixelの3年と比べるとかなり見劣りします。

それでも常識的に考えてAndroid 13までのアップデートは提供されるとは思います。
が、なぜサムスンのようにアップデート保証期間を明言できないのでしょうか。
これについては非常に気になります。

コメント

  1. まーちゃんじじ より:

    もしかしてそれがこれからの標準なら
    10年からのユーザーはリンゴに乗り換えるのみ

タイトルとURLをコピーしました