XperiaフラッグシップのOSアプデは「発売18ヶ月以内に2回」が原則?

スポンサーリンク

国内でもドコモ、au、ソフトバンクが展開するソニーモバイルの最新Xperiaフラッグシップ、Xperia 1 III。

この新型Xperiaですが、先日、OSアップデートが1回きりでAndroid 12まで、という報道があったかと思えば、すぐにそれを否定する情報もでてきて、ちょっとざわついている感じ。

そんな中、Weibo上の有名リーカー、Zackbucks氏がこのXperiaフラッグシップのOSアップデートに関するちょっと興味深い情報を投稿していました。

これによると、XperiaフラッグシップへのAndroid OSアップデートは発売から18ヶ月以内に2回、というのがパターンとなっている、とのこと。

そのため、昨年のXperia 1 II向けのAndroid 12アップデートは今年の年末から年々の初めにリリースされる、とのことです。

発売から18ヶ月以内に2回のOSアプデ、とのことですが、例えば、2019年の6月頃にリリースされたXperia 1の場合はどうでしょう。
同モデルはAndroid 9→Android 10へのアップデートはリリースから半年ほど後、そしてAndroid 10→Android 11へのアップデートは当初2月とされていましたが、海外の一部では前倒しされ、実際には1月にアップデートが提供され始めました。(国内キャリア版はかなり後でしたが)。

よって、微妙なところではありますが、一応同氏の言う「18ヶ月で2回OSアップデート」に沿っていたと言えるのではないでしょうか。

今回の同氏の発言がソニーのOSアップデートに関する暗黙の内部ルールのよなものなのか、同氏の観測による法則?なのかは不明です。

ただ、わざわざこういったことをメンションする、ということは前者である可能性も高そうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました