Galaxy Note 20 Ultraは遅め、ドコモ版GalaxyのAndroid 11アップデート提供時期が判明

スポンサーリンク

昨日ドコモ版のGalaxy S20 SC-51AおよびGalaxy S20+ SC-52Aへの提供が開始されたAndroid 11アップデート。

Pixelスマートフォン以外の国内モデルとしては初のアップデート提供対象、ということになりますが、本日、これら2モデル以外のドコモ版GalaxyのAndroid 11アップデート提供時期が判明しました。

Galaxy Membersアプリのお知らせとして提供されたもの。

アップデートの対象機種自体はすでにドコモが公式発表しているものと一致しています。

Galaxy S20 SC-51A: 2020年12月16日(提供済み)
Galaxy S20+ SC-52A: 2020年12月16日(提供済み)
Galaxy S10 SC-03L: 2021年2月
Galaxy S10+ SC-04L: 2021年2月
Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L: 2021年2月
Galaxy Note 10+ SC-01M: 2021年2月
Galaxy Note 20 Ultra SC-53A: 2021年3月
Galaxy A41 SC-41A: 2021年4月
Galaxy A20 SC-02M: 2021年9月
Galaxy A21 SC-42A: 2021年6月
Galaxy A51 SC-42A: 2021年9月

ちょっとイレギュラーなのは最新のGalaxy Note 20 Ultra SC-53Aのアップデート提供時期が来年3月となっており、Galaxy S10シリーズやGalaxy Note 10+よりも遅く予定されている、という点。

何かNote 20シリーズもしくはNote 20 Ultra特有の問題でも発生しているのでしょうか。

また、同じく今冬にリリースされたGalaxy A51については来年9月にアップデート予定となっており、下位モデルのGalaxy A21や春にリリースのA41よりも遅い提供になるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました