Honor 50シリーズ3兄弟、50/50 Pro/50 SEのスペックがリーク

スポンサーリンク

6月16日に中国で開催されるイベントで発表されるHonorの最新フラッグシップ、Honor 50シリーズ。

今のところ、中国以外でのグローバル展開についての情報はありませんが、同国以外での注目度も結構高いという印象です。

そんな中、このHonor 50シリーズ、Honor 50、Honor 50 Pro、Honor 50 SEのスペックがリークされていました。

Honor 50 SE 5Gのスペック

Honor 50 SEはこれまでHonor 50 Liteとされていたモデルで、Honor 50の廉価版、という位置づけになります。

同モデルはMediaTek Dimensity 900 5Gチップセットを採用、FHD+解像度の6.78インチ液晶パネルと16MPフロントカメラを搭載するとのこと。

また、このHonor 50 SEは、100MPのF1.9プライマリーセンサー、8MPの超広角F2.2レンズ、2MP F2.4マクロカメラを含むトリプルリアカメラを背面に搭載する模様です。

バッテリー容量は4,000mAh、66Wの高速充電対応、端末のサイズは164.73 x 75.63 x 8mm、重量は191gとなるようです。

Honor 50 SE:

  • 6.78インチFHD+液晶ディスプレイ
  • MediaTek Dimensity 700 5G SoC
  • 100MPトリプルカメラ
  • 4,000mAhバッテリー(66W急速充電)

Honor 50 5Gのスペック

Honor 50は、Honor 50 Proを少しトーンダウンさせたバージョンの模様。この機種はSnapdragon 778Gプロセッサに、6.57インチのFHD+ OLEDディスプレイを搭載。

前面には、32MP F2.2カメラが搭載され、背面のメインカメラは108MP f/1.9、8MP f/2.2の超広角レンズ、2MPマクロユニット、2MP深度センサーを備えたクアッドカメラセットアップを採用します。

バッテリーは、SEに比べて若干大きい4,300mAhを搭載し、66Wの急速充電にも対応しています。本体サイズは159.96mm×73.76mm×7.78mm、重量は175gです。

Honor 50 5G

  • 6.57インチFHD+ OLEDディスプレイ
  • Snapdragon 778G 5G SoC
  • 108MPクアッドカメラ
  • 4,300mAhバッテリー(66W急速充電対応

Honor 50 Pro 5Gのスペック

最上位モデルの「honor 50 Pro 5G」ですが、「Pro」の割にはレギュラーの「honor 50」と大きな違いはありません。

Proモデルも搭載チップはSnapdragon 778Gでカメラ周りも108MPのプライマリセンサー、8MPのウルトラワイドカメラ、そしてマクロ用と深度撮影用の2つの2MPセンサーを備えた同じクアッドリアカメラのセットアップを搭載しています。

一方、フロントカメラはHonor 50 Prohaには32MPのプライマリセンサーと12MPのセカンダリシューターが搭載されています。

また、ディスプレイもわずかに大きくなっており、6.72インチのAMOLEDスクリーンを搭載。

また、100Wの急速充電にも対応しますが、バッテリーは4,000mAhと小さくなっています。

ちなみにHonor 50 Proのフル充電にかかる時間はおよそ25分とのこと。

なおサイズは163.46mm×74.66mm×8.05mm、重さは187gとのことです。

ちなみにこれらHonor 50の3機種とも、出荷時にはMagic UI 4.2が搭載されようです。

Honor 50 Pro

  • 6.72インチFHD+ OLEDディスプレイ
  • Snapdragon 778G 5G SoC
  • 108MPクアッドカメラ
  • 32MP + 12MPフロントカメラ
  • 4,000mAhバッテリー(100W急速充電対応)

ソース

Honor 50 ProのAntutuベンチマークが発見、Snapdragon 778Gを搭載へ
ファーウェイから独立したスマホメーカーの「HONOR(栄耀)」。正式発表まであと1週間となった同社の次期フラッグシップ、「Honor 50 Pro」について、さらなる詳細が明らかになりました。GSMArenaが伝えたもので、今回、このHon

コメント

タイトルとURLをコピーしました