サムスンの最新チップ「Exynos 2200」は2021年Q2に発表、Galaxy Z Fold 3に初搭載か?

スポンサーリンク

サムスンが近々、ハイエンド向けの新型チップを発表するようです。

韓国メディアのTHE KOREA ECONOMIC DAILYが独自ソースから得た情報として伝えたところによると、サムスンは今年の第2四半期中にノートパソコンおよびフラッグシップ・スマートフォン向けの新型チップを発表する、とのこと。

フラッグシップGalaxy向けチップ、というからには当然ハイエンド向けと考えられ、順当にいけばこのチップはExynos 2100の後継チップ、「Exynos 2200」ということに。

一方、この最新チップが第二四半期中に発表、ということは今月か来月中、ということでかなり発表は近い、ということになります。

このタイミングだと、例年ならばGalaxy Note 21シリーズに搭載の可能性が濃厚、ということになりますが、これまでの情報では少なくとも今年は新型Galaxy Noteのリリースはない、と言われています。

一方、このチップが来年初めにリリースされるであろうGalaxy S22シリーズで初搭載、というのはあまりにも間隔が空きすぎているような気がします。

となると、現実的に考えてこのExynos 2200が初搭載されるのは夏のリリースが予想されているGalaxy Z Fold 3やGalaxy Z Flip 2/3で初搭載、という可能性が濃厚ではないかと思われます。

Exynosチップは過去数世代に渡って同世代のクアルコム製チップよりも性能で劣っており、そのため、同チップが搭載されたGalaxyフラッグシップが販売される一部の国・地域では評判がいまいちでした。

しかし、今回のGalaxy S21シリーズで搭載されたExynos 2100は少なくともベンチマークスコア上はかなりSnapdragon 888に近づき、かなり名誉挽回を果たした、といった感じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました