au、Xperia 10 IIIに「文鎮化予防アプデ」を提供、Android 11再配開始間近か

スポンサーリンク

ソニーモバイルの2020年モデル、Xperia 10 II

昨年のXperiaではおそらく台数的にはXperia 1 IIやXperia 5 IIよりも売れたという印象のミッドレンジモデルで、auからも展開されました。

そして今回、このau版Xperia 10 II SOV43に対してちょっと変わった?アップデートが提供されていました。

ご存知の方も多いとは思いますが、au版およびY!mobile版のXperia 10 IIには3月初めにAndroid 11アップデートの提供が開始。

ところが、アップデート後に端末の電源が入らなくなるという、俗にいう「文鎮化」の不具合が発生し、そのため両者ともアップデートの提供を中断する事態となっていました。

よって、今回のファームウェアアップデートは同モデルをAndroid 11へアップデートした際に電源が入らなくなると言う不具合が発生しないようにするための「予防アプデ」といったところでしょうか。

つまり、今回のアップデートはまだAndroid 10を搭載したXperia 10 IIを対象としたもので、アップデートをしてもAndroid 11になる、というわけではありません。

なお、今回の「予防アプデ」がリリースされた、ということは少なくとも原因の究明と修正は完了した、ということなので、Android 11アップデート提供の再開はかなり近いのではないかと思われます。

有名リーカー、Xperia 1 IIIのリーク済み寸法、スペック、デザイン情報が間違っている可能性を示唆
ソニーモバイルの最新Xperiaフラッグシップ、Xperia 1 III。4月14日の正式発表まであと1週間強となり、ティザー画像より少なくとも機種名については「確定」といって良さそうですが、今回、これまでに出てきているリーク情報の多くが間

コメント

タイトルとURLをコピーしました