Pixel 5aは前面カメラが小さく、Pixel 6は位置が移動、センターパンチホールに

スポンサーリンク

2021年の最新Pixel、と言えばPixel 5の廉価版、Pixel 5aと次世代モデル、Pixel 6(シリーズ)に注目が集まっています。

そんなPixel 5aおよびPixel 6の「フロントカメラ」について新情報がでてきました。

9TO5GoogleがGoogleカメラアプリのコード内から発見した情報として伝えたもので、これによると、Pixel 5aのディスプレイ上にあるフロントカメラ用のパンチホールは55ピクセルと、Pixel 4aの65ピクセルより小さくなるとのこと。

よって、Pixel 5aに搭載されるフロントカメラは過去モデルよりも幾分小さくなる、ということになりそうです。

また、Pixel 6のフロントカメラについてはフロントカメラの位置が従来の画面左上から中央に移動する、とのこと。

なお、既存Pixelではリアカメラは4K動画撮影に対応していますが、フロントカメラは1080pまでとなっています。

しかし、Pixel 6ではフロントカメラでの4K動画撮影にも対応する模様です。

ちなみにPixel 6の外観については全くの未知数ですが、Pixel 5aについては先日レンダリング画像がリーク。Pixel 4a 5Gと非常に似たデザインになることが判明しています。

また、昨日のリーク情報によるとPixel 5aは6月前半に発表、もしくはリリースされる模様です。

バケモノ級の電池持ち!Xiaomi Redmi 9Tのバッテリー評価
シャオミが先日国内でもリリースしたミッドレンジモデル、Xiaomi Redmi 9T。OCNやIIJMio、BIGLOBEなど、複数のMVNOが取り扱い、amazonなどでの端末単体購入でも価格は税込み約1万6000円と破格となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました