Oneplus 9に廉価版、SDM636搭載の「Oneplus 9I」が存在か

スポンサーリンク

Oppo傘下のスマートフォンブランド、Oneplusが来年前半リリース予定の次期フラッグシップ、Oneplus 9シリーズ。

例年通りならばOneplus 9とOneplus 9 Proという2モデル展開になるはずですが、今回、同シリーズに廉価版モデルが存在する可能性がでてきました。

以下はSlashleak上に投稿されていた「ONEPLUS 9I」という機種名のハードウェア情報。

GM2028という型番で、搭載CPUはSDM636、つまりSnapdragon 636となっています。

Snapdragon 636は昨年ごろまで複数の機種に搭載されていたミッドレンジチップ向けチップ、Snapdragon 630の後継、もしくは上位チップでリリースされたのは2017年。

ミッドレンジとは言え、Oneplusが3年前の旧型チップを搭載するというのはちょっと意外です。

また、Oneplusは今年「Nord」という新たなミッドレンジ・ラインナップを立ち上げており、もしOneplus 9シリーズに廉価版・ミッドレンジが存在するとするとこれと競合する可能性も。

よって、現時点では今回の情報はまだ噂程度に受け取っておくのが無難だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました